肝臓は自分で守ろう

お酒が好きな人となると、アルコールが肝臓に及ぼしている負担が機にならない人はいないのではないかと思います。

 

アルコールはご存知の方も多いと思いますが、適度な摂取量を超えてしまうと、もちろん二日酔いにもなりますし日常生活に支障をきたす事もあるでしょう。

 

また、肝臓に脂肪が付きやすくなり、脂肪肝になる事もあれば、アルコール性脂肪肝炎になってしまう可能性が高くなります。

 

ですから、健康診断などで体調の変化を見直す事もとても重要となるのです。

 

しかし、一番大切なのは生活習慣を見直しつつ食習慣の改善が一番大切なのです。

 

肝臓の病に関しては、自覚症状が感じにくいという欠点があるからです。

 

ですから、異変に気が付いた時には、もう手の施しようがないという状態にまで悪化していたというケースも少なくないのです。

 

そして自分は痩せているから、そんな心配はないう思い込みにも気を付けたいものです。

 

実際は内蔵脂肪が沢山付いていて、隠れるメタボな人の方が危険性が高かっりするのです。

 

脂肪分解やアルコール分解をより多くでも促進させられらように、しじみなどの効果の高い食材を取り入れつつ、バランスの良い食事メニューを食べる事が大切なのです。

 

最近ではヘパリーゼやウコンなどの商品も幅広く販売されています。

 

サプリメントやドリンクタイプなので手軽に取り入れる事が可能ですから、これらをお酒を嗜む前などに節酒しておく事で、二日酔いの軽減にも繋がります。

 

飲み会の時期が多くなる年末年始などは特に、カバンに常備しておく事が必須でしょう。

 

お酒の飲みすぎは肝臓に負担をかける

 

お酒を飲むと、肝臓で分解や吸収され、中性脂肪が生成されます。肝臓がこの働きを行える範囲というのは、男性で約2合、女性で約1合とされています。

 

これを超える量のアルコールを毎日に様に飲み続けると、肝臓には生成された中性脂肪がたまるようになります。

 

肝臓の30%を超える細胞に脂肪がたまると脂肪肝と呼ばれる状態になります。

 

余分な中性脂肪は血液の中にも流れこみ、高脂血症や動脈硬化の原因にもなります。

 

脂肪肝の状態を放っておくと、アルコールを分解するときに発生する毒性の強いアセトアルデヒドや活性酸素によって肝臓の細胞が壊され、肝硬変へと進みます。

 

それでも放置が続くと、肝不全や肝がんになりかねません。

 

肝臓は「沈黙の臓器」とも言われるように、脂肪肝になった段階では痛みなどの自覚症状がなかなか現れません。

 

そのため、気が付かないうちに症状が進んでしまうことがよくありますので、アルコールをよく飲む人は定期検診を欠かさないようにして、異常が見つかったら早めに治療することが大切です。

 

アルコール性の肝臓障害を起こす原因は、飲酒量と飲酒期間に関係があります。大量に長くに見続けていれば肝臓を傷めるリスクは高くなります。

 

肝臓に負担をかけないようにお酒を飲むには、適量飲むようにして、二日酔いするほどの飲みすぎには注意しましょう。また、空腹でお酒を飲むと吸収が早まるために肝臓に負担をかけます。

 

タウリンやオルニチンサプリなどの摂取もおすすめです。オルチニン配合のしじみサプリなどを飲んで回復するかどうか確認しましょう。

 

 

ゆっくりとしたペースで、栄養のあるおつまみなどを食べながら飲むようにしましょう。そしてよく言われるように、週に2回は休肝日を設けることも大事です。

 

更新履歴